FC2ブログ
2020. 01. 25  
昨日の続きです。

気を取り直して、ウィキペディアで挙げられていた本がどんな本なのか調べてみると、訓み下し文・原文・注釈・現代語訳が全て載っている便利本で、amazonのレビューも軒並み高レビューなのですが、著者の個人的な新解釈も含まれる本であるようです。

wikiのソースとなった、本家・古事記にはない《弟》解釈も、この本の著者の解釈なのでしょう。
或いは、どうやら誠実な記述の本であるらしいこの本にそう書かれる程度に、著者には更にソースがあるのかもしれない、とも思いました。
何故なら、あまりにもコトシロヌシが兄、タケミナカタは弟、としているサイトが多いからです。

尤も、デマでもあっという間に広がるのがネット情報というもの。

デマとは知らずに、それが正しいのだと思って、自分の知識の中に取り込んでしまっている人が何人もいる可能性も大なのですが。

怖い…怖いよウィキペディア。私もまた振り回されないように、気を付けなきゃです。

因みに、動揺しまくる程度に、私のタケミナカタに関する認識は、以下のようなものでした。

その1.私が文脈的に、建御名方が兄・事代主が弟(末っ子)、だと思っていた。

大国主は、自分には国を明け渡すか否か、決定権を持っていないので(出雲の正当な継承者はスセリヒメで、婿の大国主は王ではあっても勝手に国の存亡に答えることは出来ない。決定権を持つのはスセリヒメか、大国主の末子。出雲は末子相続)「息子に訊いてくれ」と言うしか無かった。
使者が始めに意思確認に向かったのは事代主なので、事代主が継承者=末っ子=タケミナカタは兄、と考えるのが自然です。
タケミナカタは末子ではないので、反撃しようとしまいと、結果的に出雲が敗北した以上、タケミナカタのエピソードは歴史的にはどうでもいいので、天皇家の正当性を対外的に示す事を目的とした本格的史書・日本書紀にタケミナカタは登場しない。


その2.タケミナカタは出雲にいなかった(兄パターン)

末子が相続者なので、スサノオの子も、スセリヒメよりも先に生まれたきょうだいたちは、あちこちに出掛けていった先の土地を統べるのが役目でした。
タケミナカタもまた、越や諏訪の辺りに国を広げるべく赴いて、諏訪の有力な豪族となっていたので、出雲を落とした所で天津系の支配はそちらまで届かなかった。
当然に、タケミナカタの出雲での敗戦や逃走、命乞いの事実も存在しない。
でも、古事記は物語形式の書なので、天孫サイドの敵・タケミナカタをやっつける物語で盛り上げたく、タケミナカタの敗北と惨めな降参エピソードを創作。

古事記は、(日本書紀ではツクヨミの所業のはずの)オオゲツヒメを殺したのはスサノオと伝えたり、スセリヒメのこともヤガミヒメが逃げ出したり大国主が家出未遂をするほどの、手の付けられない嫉妬深い嫌な女として記しています。
古事記は、徹底した高天原上げで、出雲の神は貶める書き方をしている書物です。

一方で、日本書紀は貶めるのではなく《書き残さない》方法を取ることが多いようです。
だから、日本書紀編者は《出雲の侵略には関わらなかった》そして当時の高天原勢の手に届かなかった高志・諏訪地方で権力を持っていたタケノミカタの存在をスルーした。


その3.タケミナカタは出雲にいなかった(そして大国主の息子でもなかったパターン)

タケミナカタは、出雲王族とは関係なく、元々諏訪周辺に独自の勢力を持ち、優れた統治者・武勇の王として名高かった。
というか、諏訪の辺りでは、タケミナカタの方が侵略者であると言う伝承があるのです。
一方で、出雲近辺には、タケミナカタを祀る神社が全く無い。
だから、タケミナカタは出雲とは全く関係のない豪族だったのではないか。
そして、古事記は民間には伝わっておらず、タケミナカタの武勇伝は有名で、のちには全国規模で武将達の厚い信仰を集めることになった。
当然に、国譲り侵略当時には勢力範囲外であった地域のことは、大和朝廷の為の日本書紀に記す必要は全く無いのでスルー。

この論に弱点があるとするなら、出雲近辺にタケミナカタを祀っていないのは、古事記的には当たり前すぎる、ということです。
何故なら、タケミナカタは命乞いの条件に、以下の2つの条件を出しているからです。

1.コトシロヌシとオオクニヌシの決定(国の統治下ら手を引く)には逆らわない
2.二度と諏訪の国から出ないと約束する=出雲に戻ることはしない

だから、日本各地に勧請して諏訪神社が広がったのは後世の人々の勝手ですが、出雲近辺の人々だけは、タケミナカタを祀りその御霊を出雲に戻すことはしてはならなかった。
……という、古代の約束が守られた、という線も考え得るという事です。


その4.実はウィキペディアが上げた一書のとおり、タケミナカタが末子で、出雲の継承者だったパターン

古事記は、同じく継承者であったスセリヒメを貶めたように、タケミナカタを惨めな敗北者として描きましたが、日本書紀はタケミナカタ(実際には、タケミナカタ率いる勢力だったと思う)を、ねじ伏せて国を手に入れたという野蛮をやらかしたという事実を隠蔽したかった。
あくまでも、元から正当な国の支配者はアマテラスから続く天孫の血筋であるという正論を説くという話し合いで、平和裡に国を献上された、という流れにしたいのが日本書紀の意図だった。

…という4パターンを書いてみましたが、実は私は1~3の可能性を考えていました。
4のパターンは、実はこの文章を書いている最中に、思い付いたものです。

というのは、今はどうも人気的に古事記>日本書紀、というよりも、古事記>>>>>日本書紀のようですけれども、私は古事記よりも日本書紀の方が誠実な書物なのではないかと思っています。

日本書紀はスセリヒメの存在自体をスルーしたけどな(怒)

でも、これが日本書紀のやり方なんですよね。都合の悪いことや、単に本筋に影響を与えないことは、捏造よりもスルー・無視を優先する傾向がある。
※ オオナムチがスサノオ様とクシナダヒメ様の間に産まれたとかいうのは捏造だと思うがな!

その一方で、本文の他に、異伝を幾つも書き残してくれているのが、日本書紀の特徴なのです。
編集された時代には、遙か昔の神代については、既に様々な言い伝えに分岐していたのでしょう。それを記載し後世に残そうという態度は、古事記よりも公平です。

と、色々調べているうちに、新たな疑問が浮上したのでした。
次回からは、『事代主と建御名方の母神は誰?』シリーズの連載を始めます!

(つづく)
関連記事
NEXT Entry
事代主と建御名方の母神は誰?:その1
NEW Topics
令和と文徳天皇の呪い:その4
令和と文徳天皇の呪い:その3
令和と文徳天皇の呪い:その2
令和と文徳天皇の呪い:その1
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その8
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR