FC2ブログ
2020. 01. 23  
父は、酒呑み運転、恐らく居眠り運転の、交通事故死、だった。

シートベルト着用が義務づけられて数年経っていたけれども、これも飲酒運転同様、危機感もなく無視していた人も多かった。
免許取り立ての私は「危ないからしなよ」と言ったのだけれども、父は窮屈だからとベルトを締めることはなかった。

車のエアバッグも一般的ではなく。
だから。父は。即死、だった。

早朝の自損事故で、他人を巻き込まなかっただけまだよかったのだと、私は動揺する自分に言い聞かせながら、ハッと思い出したのだった。

いつか…

いつか、事故に遭うわよ……


ぞわりとした。
偶然?それとも、
また、あのランダムな母の言霊が、発動した……?

偶然だと、私はぶんぶんと頭を振った。

多分、母が何も言わなくても、父はいつこういう死に方をしても仕方の無い生活をしていたのだから。

それに、父はあまり長生きをする人じゃないだろうと、私は漠然と思っていた。
例えば、不自由な体でベッドの上に横たわり、痩せ細った老人になって死んでゆくなんていうのは、全くあの人らしくないことだった。

太く短く生きて、打ち上げ花火のように派手に散って終わるのが似つかわしい。そんな人だったのだから……

そして、時は過ぎ、私はさっさと薄情な母と共依存の妹と縁を切りたかったのだが、結婚資金を貯めるために独り暮らしはせずに実家で我慢して生活していた。
そして見事、自費で結婚式を挙げて披露宴もやった。当然に、

母は1円たりとも出費していない。
(費用は夫と割り勘だったのだが、お前のお金は新生活に使いなさいと、義両親が殆ど出した)

そんな母とは、結婚を機にスッパリ縁を切りたかったのだが、何を思ったのか母は時折ふらりと新居に現れて、私の夫が淹れたコーヒーを飲みながら、一方的に何か話しては、気が済むと帰っていった。(同じ市内だったので簡単に来る事が出来た)

夫の会社は住居に支援金が出るので、その範囲内のアパートで暮らしていたのだが、その支援金が5年間の期限付であったのと、2人目のこどもも産まれて歩き回るようになり手狭に感じてきたこともあって、中古物件を買って移り住むことになった。

古い家だが注文住宅で、ある大工さんがかなり気合いを入れて作ったのだという家は、なかなかによい造りだった。
その割に値段が安め設定だったのは、近所の環境に問題があったからなのは、明らかだった。

つまり、斜め向かいの家に引きこもりの息子がいて、暴れたり暴力を振るったりするので母親は実家に避難、父親はその家に留まるも、比較的新しそうな立派な家なのに窓硝子は割れたまま、障子はビリビリに破れたまま、真冬だというのに修理もしていなかった。

まあ、外に出て来ないから引きこもりなのであって、大丈夫だろうと私と夫はその家に決めたのだが、そこにもふらりと母は現れた。
そして、斜め向かいの家を見て、ずけずけと「いやあねぇ」と、これは心からイヤそうに言ってくれた。

それから、2週間ほど経った頃だろうか。
夜中に、私はサイレンの音で目が覚めた。かなり近いと思って、夫とふたりで庭に出ると、件の荒れ果てた家が、ゴウゴウと炎と煙を出して燃えていたのだった。
かなり勢いよく燃えていたのだが、風がなかったので被害はその家だけで済んだし、暴れて偶然火事のきっかけを作ってしまった息子もその父親も怪我もなく無事だったのが、せめてもの救いだろうか。

しばらくして、また母がふらりと現れた。
「あら…あの荒れた家、無くなっちゃったの?」
「そうだよ。気の毒に、火事があってね」
「そう…、よかった」

母は、うふふと笑った。

「よかったわぁ。私、あんな気味の悪い家、火事で燃えちゃえばいいのにって思っていたのよ。うふふふふ…」

ぞわりと、した。

少々問題ありとはいえ、不幸にも住まいが燃えて無くなってしまった人達がいるのに、嬉しそうに、笑うのか?
引きこもりという噂の兄さんは、近所のコンビニくらいには出て行くらしくて、隣の空き地で自分はカップ焼きそばを食べながら、群がってくる野良猫に餌をやっている、案外素朴で、少し寂しそうな青年だった。
そうと知っているから、彼のお父さんは何処にも逃げずに、あの荒れ果てた家で共に暮らしていたのだろう。

そして…
この女は、一体何ものだ……?

あんな危険そうな家、なくなればいいのにという漠然とした発想や、引っ越してくれればいいのに、辺りの穏便な発想ではなく。
母は具体的に《火事》を望んで、多分実際に口にしたことがあるのだ。

母の言葉はそのままに、実際にひとつの家を全焼させる言霊となったのだ。

あれから@@年、歳をとってフットワークが重くなったのか、母と我が家が顔を合わせるのは、ワンシーズンに1回くらいに減った。
私は思う。

母よ…もう、何も言わないでくれ。
関連記事
NEXT Entry
事代主と建御名方とウィキペディアの怪。その1
NEW Topics
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その3
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その2
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その1
謎の神社【志波彦神社・鹽竈神社】(宮城県塩竈市)その10:朝廷VS祟り神 Part4
謎の神社【志波彦神社・鹽竈神社】(宮城県塩竈市)その9:朝廷VS祟り神 Part3
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR