fc2ブログ
2023. 11. 21  
前回『その1』のような内容の記紀を読んでみて思ったのは、仁徳天皇って名君の代名詞みたいに言われながら、オオクニヌシみたいに女にだらしないどーしよーもない男だな~(呆&白い目)ということでした。

因みに書き忘れていたのですが、仁徳天皇は日本書紀に「天皇幼而聰明叡智。貌容美麗。及壯仁寛慈惠。」(原文)と書かれるほど、
現代語訳:天皇は幼い時から聡明で、叙智であらせられた。容貌が美しく、壮年に至ると、心広く慈悲深くいらっしゃった。

ベタ褒めです。
地位が高くて証明で、美麗と言われるほどきらきらしい容姿で、おまけに慈悲深い、悪役令嬢もののヒーローみたいに隙のないイケメン。

大己貴も、スセリヒメが一目惚れするほどの美形でした。ただしヒョロイ優男系。
スサノオが《葦原醜男》と言ったのは不細工な男と言ったのではありません。「ほぉ~、ソイツは地上の猛者ではないか」という皮肉でしょう。で、殺意満々の試練を課して、それを(ほぼスセリヒメの助けで)乗り越えた大己貴は、本当に強い王になった、という筋書きです。

何か、ここまで書いて何この光源氏と思いましたが、とにかく女に手を出したがる所も関わった女性が悉く不幸になるのも、昔の色男の条件なんでしょうか。
その麗しいツラに拳を入れたくなるタイプが理想の男っていうのが神代のオオクニヌシまで遡れるのって、妙に感慨深いです。

世の女性たちへ。
金にだらしないのと女にだらしないのは不治の病ですので、そのうち変わってくれるかもとか期待しないでそんな男とはさっさと別れることをお勧めします不幸な女になりたくなければ。

まあ、オオクニヌシ・仁徳帝・光源氏は一夫多妻制の時代ですので、複数の女性を娶るという時代だったという事はわかる。
高貴な女性や金持ちの家の女性と縁が出来れば、自分も権力と金を一層手に出来ますから。

でも、仁徳天皇はそんなに一所懸命に后や妃に付随してくる権力の後ろ盾というものを、磐之媛以外に求める必然性は無かったと思うのです。
だって、磐之媛は

応神天皇の実の父(多分)武内宿禰の孫娘なので。

※ どっかの八幡神社にある、武内宿禰が赤ん坊(応神帝)をだっこしてる像って何なのよ。奉納される絵もこの組み合わせが多いっての、暗黙の了解でしょうが
※ 尤も、武内宿禰が妖怪みたいに長生き過ぎるということもありますので、2代目とか3代目とか4代目とかだったりするかもしれませんが
※ 私は不倫男武内宿禰も不倫女の神功皇后も好きじゃありませんが、武内宿禰は古事記によると孝元天皇の孫、日本書紀によると孝元天皇の曾孫なので、男系男子の血統は一応保たれている模様

磐之媛が八田皇女を宮に入れることを強く拒否したのは、八田皇女が《皇女》という身分であり、磐之媛の出自よりも格上だから、という説もあるようですが、私はそうは思わない。
磐之媛は、実質的に八田皇女よりも高貴だったからです。
磐之媛が立后したのは、武内宿禰が推挙したからでしょう。武内宿禰から見れば、磐之媛も八田皇女も孫娘なのですが、敢えて磐之媛を皇后にしたのはその方が何かしらのメリットがあった。例えば葛城氏にとって。

そんな高貴な磐之媛は、愛も一途でした。それなのに夫は女好きで隙あらば手を出す性分で、磐之媛は寵愛が他の女に向けられのも、寵愛を受ける女も、全部嫌だったと思います。
スサノオの愛娘にして末娘という出雲の跡取り娘、出雲最も高貴な姫・スセリヒメのように。

藤原氏の世の全盛期に、《源氏物語》という臣籍降下した男が不義の子を帝にしたり、娘やら養女やらを中宮にしたりと栄華を極める話を紫式部が書いたのは、藤原の世だからこそ敢えて源氏が大活躍する物語を、源氏(皇位に遠かった皇子やその末裔)たちを追悼して書いた、という説もあります。

ひょっとしたら、仁徳天皇をむやみやたらにヨイショして書いたのも、敗者となった王・オオクニヌシの反映であり、追悼であり、仁徳の《徳》も怨霊封じの文字だったのかもしれません。

(つづく)
関連記事
NEXT Entry
仁徳天皇と大国主の鎮魂:その3
NEW Topics
仁徳天皇と大国主の鎮魂:その9
ちょっと大和の奴ら、日高見国を返せ。
日本神話の系図が訳が分からん件。その3
日本神話の系図が訳が分からん件。その2
日本神話の系図が訳が分からん件。その1
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様推し。
ホlツlマlツタヱ・富l家l伝承・徐l福l伝l承・日lユl同l祖l論・アlイlヌl先l住l民族説お断り。

定義山西方寺を崇敬。秋篠宮家と伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。
透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR