fc2ブログ
2023. 01. 21  
刺国若比売=クシナダヒメ
天之冬衣神=スサノオ
刺国大神=テナヅチ・アシナヅチの《稲田宮○○之八箇耳》という(○○にはスサorスガが入る)

であれば、記紀あわせて天之冬衣神×刺国若比売で子は大己貴、という構図が成立します

問題は、古事記のオオナムチには、八十神(やそがみ)と言われるほど数多くの兄が存在します。
古事記を合体させてヤシマジヌミ=オオナムチだとすると、ヤシマジヌミにも数多くの兄弟がいなくては辻褄が合いません。

スサノオ様は、お前の八十神ぶっ殺して大国主になれ(意訳)と言っている訳ですから、=ヤシマジヌミなら

スサノオ『お前以外のオレの息子を全部始末して大国主になれや』

と物騒な事を言っていることになります。
或いは、母系相続を考えるなら母系でオオヤマツミが祖神の王子とか族長の息子とか全部以下略、という意味です。

スサノオ様推しの私でも流石にドン引きなので、是非とも何かの間違いであって欲しい。

オオナムチがスセリヒメを得るには、かなりゴチャゴチャした事情と権力争いがあった、くらいでお願いします。

スサノオと天之冬衣神の間に入る神については、そんなに理詰めでいかなくていいと思います。
そもそも、男系の系図である時点でさほど重要視せずともよいのです。
ヒメヒコ統治で女王の座が母系相続されるも、女王が子を為す伴侶には一貫性が求められない出雲の系譜を語るには決定的な材料が足りないのですから。

私は、『スサノオ』という呼称は須佐の女王の夫(男・ヲ)という身分を表しているので、出雲の政治王の通称として何代か使われた可能性があると思っていますし、大己貴や大国主という名称、というよりも尊称も同様です。
スサノオとオオナムチでは、人物や業績が被っていることもあると思います。

一応、ヤシマジヌミ=オオナムチ=政治王だとすると、

ヤシマジヌミの子(母・コノハナチルヒメ)の布波能母遅久奴須奴神(ふはのもぢくぬすぬのかみ)は王である、っていうか大己貴と同一だと思っています。

「モチ/モヂ」=「貴/むち」に同じです。大己貴を大穴持(おおあなもち)と表記するくらいですので、発音としては誤差です。
公式に「貴」が許されているのは、大日孁貴・道主貴・大己貴の三柱のみであるほどに、「むち/もち」は大盤振る舞い出来る尊称ではありません。

同一でないとしたら、《二代目大己》として偉大な功績を残した神(のモデルになった人物)が存在した場合です。
それが布波能母遅久奴須奴神だということになります。

また、四世の孫に位置づけられている男神・淤美豆奴神(おみづぬ)は、出雲風土記冒頭にある国引き神話の八束水臣津野命(やつかみずおみつの)という、これも出雲の祖神として語られる神と同一です。
出雲国風土記が、八束水臣津野命の別称を意美豆努命(おみづぬ)としているので、文句のつけようがありません。

その八束水臣津野命神は、スサノオ様が天降る神話とは別系統の出雲祖神か、新羅云々を引っ張ってきて領土にしたと語られている辺りはスサノオ様と同一かも知れない神です。
よって、かさ増しするために神裔に挿入されただけでしょう。だから系図から除外して良いと思います。

そして、五世の孫の天之冬衣神については、いくつか言い伝えがあるようですが、古事記によれば天之冬衣神は大己貴の父神ですし、日本書紀によると大己貴の父は素戔嗚尊なので、既に述べたように

天之冬衣神=素戔嗚尊

という等式がやはり成立する可能性が高いと思います。
これらの条件で、タイトル通り大己貴=八島士奴美神ということにすると、古事記でスサノオ~大己貴に至る神裔から、八島士奴美神・布波能母遅久奴須奴神・淤美豆奴神・天之冬衣神の四柱が消えるのです。
※ ただし布波能母遅久奴須奴神は《二代目大己貴》の可能性を考えれば外さずに残します

……とすると、ここまで考察してスサノオとオオナムチの間に残るのは、深淵之水夜礼花神(ふかふちのみずやれはなのかみ)という、一応三世の孫という設定の謎の神のみとなりました。

ただし、深淵之水夜礼花神の息子(四世の孫)が出雲の始まりとなる国引きの神、というのはかなり無理がある設定です。
ただ、母神が日河比売(ひかわひめ)という、出雲に関係がありそうな名前なので、エピソードが無くても出雲の王族のひとりだったのかもしれません。

正しい系図に入れるか否か?
…というと、私は入れない方がいい、と思うのです。

だって、他の神は全部ダミーの可能性が大なのに、深淵之水夜礼花神が本当にスサノオの孫(or曾孫)で大己貴のおじいちゃんとかあります?

全く無いと言い切るだけの強い根拠を持つ訳ではありませんが、タイトル通りに真面目に考えた結果、

古事記でも結局オオナムチはスサノオとクシナダヒメの子神、になってしまいました……(実はめっちゃ予想外で一番混乱してるの多分私)

最大に引き伸ばしても、スサノオ→ヤシマジヌミ(オオナムチ)→布波能母遅久奴須奴神(二代目オオナムチ)→系図どおりのオオナムチ、の順になるので、似たようなものです。

私としては、推し女神スセリヒメ様の母神は、何としてでもスサノオ様の嫡妻にして愛妻のクシナダヒメ様(夫婦で推し)で、女好きのオオナムチはどっかの馬の骨であって欲しかったんですけど!!

櫛名田比売=神大市比売なんていう隠し球でもない限り、スセリヒメ(宇迦の山の宮に住んだ宇迦之御魂)が神大市比売の娘というのは崩せなさそうです。
スセリヒメはクシナダヒメにとっては母系の従妹にあたり、スセリヒメは異母兄弟のオオナムチとヒメヒコ制だったことになります。

何だよ……すごく円満な縁組じゃん……何で、オオナムチは命を狙われまくったんだろ?

古事記に八十神とか雑にまとめられていたスサノオの息子達(?)のことなのか。
或いは、テナヅチ&アシナヅチのヒメヒコの間にも、息子がわんさかいたかもしれないのに描かれていない。
ヤマタノオロチは乙女とか童女しか食べないみたいなので、息子は無関係で、いたならば末の姫のクシナダヒメとヒメヒコ制やりたい兄弟はいたかもしれない。

骨肉の争いとかいう言葉もありますし、藤原氏辺りがその例ですが権力闘争で一番邪魔になるのは身内なんですよね。

やっぱり、オオナムチは命の危機だったのかもしれません。


関連記事
NEXT Entry
ヒルコと恵比寿。その1
NEW Topics
書評:古事記外伝 正史から消された神話群 藤巻一保
案外、大国主はモテない。その5
案外、大国主はモテない。その4
案外、大国主はモテない。その3
案外、大国主はモテない。その2
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
ホlツlマlツタヱ・富l家l伝承・徐l福l伝l承・日lユl同l祖l論・アlイlヌl先l住l民族説お断り。

定義山西方寺を崇敬。秋篠宮家と伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。
透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR