fc2ブログ
2022. 07. 25  
もしアイヌの人口の方が多く、広い北海道の地を全征服してアイヌ王国を作れるレベルだったら、北海道の人々のY染色体からD系は滅びていたことでしょう。

何故Y染色体の系譜が重要かというと、戦争が起こると征服サイドは被征服サイドの男を殺し、女性を陵辱し子供を産ませるからです。
その結果、被征服サイドのY染色体は激減し、時には滅び去り、征服者のそれに取って代わられる。それが、人間が織りなしてきたおぞましい歴史です。

そのような暴挙は、現在でも続いています。
中国でチベット女性が中国人男性の子供を産ませられたり、ウイグルで同様の婚姻を強要されたり女性が避妊手術をされたり、というのがそれです。
中共が目論んでいるのは、チベットやウイグルのアイデンティティの破壊であり、消失であり、中国への同化です。

北海道でもD系が数多く残ったのは、元々アイヌよりも和人の方が数が多く、しかし大量殺戮になる前に和人が降伏したからだと思います。
アイヌが我らこそが北海道の民であるかのように振る舞っていても、多数の縄文末裔は北海道の地で棲み分けて暮らし、その後は本土の和人が北海道に乗り込み再び日本の領土に戻りました。

再度言いますが、縄文の流れを汲む日本人の元に戻ったんです。

アイヌは自分たちが迫害されたと言っているようですし、まあ何百年か北海道に棲み着いていた訳ですから子孫達には罪はなく、不当だと言いたくなるでしょう。でも。

縄文文化を担った末裔が何千年も(縄文の歴史を考えるなら1万年を超えているかも知れない)暮らしていた北海道に、トリカブトの毒矢を持って攻め込んできたアイヌこそが先に和人を殺したんでしょうが!!

ですから、日本人から言うことは「いーかげん北海道返せよ」だけです。
今更樺太やロシア本土に出て行けとか、そこまでは言いませんので。
因みに、言うと後述するように厄介なことになります。

何でアイヌが日本の先住民族として認められちゃったの?というのは複雑な理由があって、在日がこれに乗っかっているとか(何の審査基準も無く、自己申告で私はアイヌですと言えばアイヌの特権を得ることが出来るとんでもないザル制度)裏には汚い事情があるにしろ、実際の切羽詰まった理由は

アイヌをロシアの先住民族にしない為、です。

プーチン大統領が、何年か前に言っちゃったんですよ。アイヌはロシアの先住民族だとか本当の事を。
だから、プーチン大統領が

『ロシアの民族であるアイヌが日本で迫害されている!だからロシアはアイヌを守る責任がある!』とか言って
ロシア軍が北海道に攻め入る理由を与えちゃまずいんです。

似たような経緯で、ウクライナが今そんなんなっています。
日本もウクライナになりたいですか?
理不尽ですが、物騒な隣人を持つというのはそういうことです。

※ ウクライナ側にも結構な非があるようですけど私は詳しくないです
※ そして日本の隣人はほぼ物騒です。まともな友人は台湾だけだと割り切った方がいい

文化も言語も違うアイヌが「13世紀に現れた」にもかかわらず縄文人の遺伝子を多く引いているなんて、アイヌが和人の領土に侵入してきた証拠以外の何ものでもないでしょうに、北海道の先住民族を名乗るだなんて図々しいにも程がある。

だから、アイヌは極めて政治的な理由で日本の先住民族を名乗る権利を得ることになり、アイヌじゃない偽物までアイヌの特権を利用するという、歴史的な根拠は何も無いカオスな状態になっています。

ここで、タイトルに戻ってみます。

現在のアイヌと縄文人の遺骨の遺伝子情報を比較することには何の意味もありません。

アイヌが本当に縄文と同系列の民族だと証明したいなら、北海道で混血する前のアイヌと比較するべきだからです。

まあ、これが可能だとして実際にやっちゃったら、アイヌのルーツが現在のロシア領内にあることが明白になって、日本が第二のウクライナになってしまうかもしれないんですけれども。


関連記事
NEXT Entry
記事やコメントの文字が勝手に太字になる件について
NEW Topics
書評:古事記外伝 正史から消された神話群 藤巻一保
案外、大国主はモテない。その5
案外、大国主はモテない。その4
案外、大国主はモテない。その3
案外、大国主はモテない。その2
Comment
阿キ (ao247118.f.west.v6connect.net) とか言う人へ
私は「話にならない」と言いましたが?
再度コメントを書き込んだようですが、読まずに廃棄しブラックリストに登録しましたので悪しからず。
これ以上付きまとわないでください。
Re: 間奏2
私の説が「大胆」というのであれば、それは貴方の情報収集力の問題です。
私は特に珍しい新説を述べている訳ではないので。

私が注目している縄文の本質のひとつに、彼らの多くが海人族であった事です。丸木舟や葦舟を用いて信じられないほど遠方まで交易をしていたのが縄文人で、だから日本産の黒曜石がロシアで見付かり糸魚川でしか取れない翡翠が日本と日本の周辺に広く行き渡る為には高度な航海技術が必須です。
そして、彼らは川が続いてさえいれば山地へも行き来します。阿曇氏が代表例ですが、「シワ」圏も北上川を遡上して「シカ」の名で残っています。(カとハ、ハとワは転訛する)
陸路は整える人間がいないとあっという間に草木に消されてしまいますから、島国の日本が栄えたのは海人族の活躍があってこそです。
擦文文化については今回ざっと調べた程度ですが、擦文人の営みの特徴に漁労が挙げられているのがとても興味深いと思いました。

また、縄文人の身体的特徴に、毛深かった、くせ毛だった、そしておそらく耳垢が湿っていたということが挙げられます。
因みに、頭蓋骨=頭や顔の特徴では遺伝子を特定することは出来ません。
長い間硬い木の実をメインに齧ってきた人々と、炊いた穀物メインを食べてきた人々、そして歯を食いしばるような労働をして来た人々とそうでない人々では顔つきが違うのです。

古代の和人も土着(縄文)と各方面からの渡来との緩やかなミックスですから、「縄文人が住んでいたところに弥生人が押し寄せてきて進んだ文明で圧倒しました」説に基づいた縄文顔・弥生顔という区分自体が旧いですね。

いつか耳垢が湿っているか乾いているかという日本全国の分布図を見たことがあるのですが、関西は際立ってカサカサ耳が多いです。
東北は勿論、出雲も湿った耳垢です。
因みに、湿った耳垢は現在の半島や中国にはほぼ見られません。

私としては非常に残念ながら、関西を拠点とした古代王朝を形だから成したのは大陸由来の勢力のようです。
でも、一気に一時期に攻め込んできて征服された訳ではなく(日本語が世界に類のない独特さを保ち続けた)、特に半島からやって来た人々は「大陸で混血した和種」でしょう。朝鮮半島には5千年の謎の無人期間があって、そこに縄文人が渡って住み着き、和人の文化は前方後円墳(日本のものよりも新しい)の時代まで存在していたし、半島の伝説から見ても百済や新羅の王朝は和種の王朝と近い関係であった可能性があり、当時の半島人と今の半島人はかなり異なっているでしょう。

そして、とりあえずスサノオ様は毛深いです。胸毛を桧、尻毛を高野槇にする程度に。
私の考察では、彼は出雲を最終拠点とした海人族の長をモデルにした神です。
渡来人は氷河期でなければ漏れなく海を渡ってきていますが、半島で金属(特に鉄)が取れることを知っていて、今後も海を越えて持ち帰ってくる為の船材を重んじたという神話は縄文系の海人族の伝承でしょうし、信仰したのも体毛が濃い縄文系の人々でしょう。

髪の毛も、現代の話ですが韓国人の髪の毛は直毛が多く、日本人は癖毛が多い。日本人は直毛に見える髪でも伸ばせば大きいウエーブが出ます。これは、韓国の美容院に勤めたことのある美容師さんから私も直に聞いた話で「韓国の人は縮毛矯正要らずの真っ直ぐなサラ髪。でもその代わりにウエーブのパーマが落ちやすい」。
縮毛矯正が無いと生きていけない私は、髪の毛だけは韓国人が羨ましいですね。

そして、関東や東北にいたとされ蔑視された蝦夷(エミシ)。
蝦夷が縄文の末裔で日高見国の民だと私は考えます。
九州や山陰などの縄文の末裔とさほど変わらず、稲作(水稲)や弥生土器の文化が伝わっていても末裔は末裔です。
北海道は弥生文化が伝わりませんでしたがやはり末裔で日高見国と同じルーツでしょう。

でも、そこにアイヌが入り込む歴史的な余地はありません。あるのは政治的な意図だけです。
言語を軽視していらっしゃるようですが、言語は重要です。
言語の違いをクリア出来なければ、民族としても文化としても別種です。
特に、数詞に一致を見ないのはかなり離れています。日本古来のの「ひ、ふ、み、よ、い、む、な、や、ここ」は何処の言語とも違います。
それに比べたら、

>アイヌ民族服の意匠も、遮光器土偶のにかなり似ています。

なんていうのは些末なことです。
唐草文様の風呂敷があるからと言って日本のルーツと中華様のルーツは同じですか?
文化は始まったり伝わったり消滅したりしますが、言語は消えません。日本語に漢字の音読みが伝わっても訓読みが存在し続けるようにです。

話があっちこっち飛んでしまいますが、縄文人に入れ墨の習慣が無いもありません。
縄文人の体の文様が入れ墨か化粧かという議論は決着を見ていないはずです。日本の気候上、ミイラが残らないので。

私は、縄文人、特に海人族は入れ墨をしていたと推測する派です。化粧では海に入ったら取れちゃいますから。
抜歯という痛い通過儀礼をやり、土器や土偶にこれでもかと文様を刻むとんでもなく高度な技術がありながら、皮膚に何もしなかったとは思えない。
私は美術サイドの人間でもあるので、縄文土器や土偶は圧倒的な技術で頭を殴ってくる感じがします。

そして、実際に日本の漁師は入れ墨を入れていました、昭和世代くらいまで各地で普通に。
元々は魔除けや鮫よけの意味があったそうですが、現実的に役に立つのは水死体になった時です。
たとえバラバラになっていようと模様で誰か判るんですよ。

アイヌ先住民族説には、とにかく証拠が足りません。
地名がアイヌ語由来というのも万葉集が韓国語で読めますレベルにどうとでも言えます。
弥生時代や擦文時代よりも古い遺跡があるというなら話は別ですが、結構左寄りの歴史教科書でさえアイヌは13世紀に現れたとしか書けない証拠不足を埋めることができないようでは、単なるイデオロギーでしかない。

ヤマト王朝は出雲や九州や東北地方に執拗な攻撃をし、その地を奪ってゆきました。出雲や九州はそれ以上逃げ場はありませんから「クニ」は奪われても人々も言語も残りました。
残らずに逃げた人々もいたことでしょう。関東に渡った人々によって氷川信仰が残され、もっと遠く東北に逃れた人々もいるでしょう。出雲弁と仙台弁がどの程度似ているのか、私は詳しくは知りませんが。

一方、ヤマトに迫害されたタケミナカタ神が侵入した諏訪には、タケミナカタ神は祀られましたがミシャクジ神と謎多き祭祀は残さました。
ミシャクジ神はかなり古そうですが、タケミナカタ勢もまた縄文の末裔です。信仰が違うだけで。
現在でも秘境みたいな村や集落には独自の信仰や祭が受け継がれています。それは古い物もあれば江戸時代辺りに発祥した新しいものもあるでしょう。
どんな信仰にも始まるきっかけは古代から未来まで無数に存在しますから。

東北が侵略されれば、やはり征服されそこに残った人々と北海道に逃れた人々がいたでしょう。
東北と北海道なら、海人同士で交易が続いていて人の行き来があったでしょうから現実的な話です。

でも、日本全体の歴史としては、海の民は陸の民に敗北しました。
現在でも天皇が田植えをする程度にヤマトは農耕に傾き、海の民の大規模な航海術も失われました。
海人の航海術ならば風を読み、夜は星座を基準に海を渡るのに、占いで出航の日を決めるようでは白村江で負けるのも遣唐使の舟が沈むのも当たり前です。

これは、縄文人をルーツに持ち、長い時間をかけて日本列島外から少しずつ海を渡ってきた人々と混血して「和人」と成った人々同士の物語であり歴史です。

そこにアイヌは介在しません。
彼らが別言語と別文化をとトリカブトの矢を携えて北海道に現れるのは何百年も後、13世紀のことです。
政府がどんなに表向きアイヌをヨイショしても、教科書にはそうとしか書く材料がない。

アイヌに北海道を返すなんて、とんでもない世迷言。
「縄文人・擦文人と混血する前のアイヌの遺伝子」と比較出来ないならば話になりません。

>科学や学問ならば真実を歪めるのはマズイ。

ブーメランですね。
それに事実よりも真実を追求したいならば歴史ではなく哲学がいいのでは。

私の庭に、哲学未満の妄想を蒔かないで頂きたい。
自説はご自分の庭でどうぞ。私の庭をこれ以上荒らすのは無礼です。
間奏2
(続き)

しかし、北海道からも縄文遺跡が多数発見され、また遺伝学の成果により、従来説はだいぶ揺らぎました。それでもchikaru414さんほど大胆な説はあまり聞きません。皇族の系統が自慢の竹田恒泰君あたりが言ってそうですが。

さて、『魏志倭人伝』にある倭人属性の一つ、顔面タトゥーは、和人文化には無くアイヌ文化に見られるものです。アイヌ民族服の意匠も、遮光器土偶のにかなり似ています。

やはり、従来説は健在かと。私も東北出自の和人なので複雑です。我々のご先祖様こそ東北に攻め入りエミシを迫害して追い出したのであり、縄文時代からクナドとかアラハバキと呼ばれていた霊性を剥奪して、志波彦とか志波姫と和風に変換していったと考える方が筋が通っています。縄文の系譜学によるアイデンティティはオイシイと思います。しかし、科学や学問ならば真実を歪めるのはマズイ。神話や小説なら曲げてナンボですが。

先住民族の系譜であるアイヌに国土を返還すべきかもしれませんヨ。

(終わり)
間奏1
「陸奥総社宮」の項の感想文は嫌われたかと思っていましたが、丁寧なレスありがとうございました! 乳イチョウは縄文由来じゃないけど見事ですね! 日高見国東北説は個人的には信仰化しています。仙台市内の北山辺りじゃないかしら。というわけで調子に乗って、今回もまた嫌われそうな、方違え?な感想を。

今から数十年位前に一般的だった縄文・アイヌ関係の思潮は、「狩猟採集民族である縄文人は、背が小さくて顔の彫りが深い人たちで、現代のアイヌや琉球人に多く連なる。一方、農耕民族である弥生人は、平べったい顔立ちで、その後の和人、そして現代の日本人多数派に連なる。」というものでした。多分今でも全国の博物館の説明なんかは(東北歴史博物館あたりでも!)似たり寄ったりだと思います。

つまり、従来説を大雑把に図式化すると
・(先住の)縄文人→(和人に迫害された)エミシ→(南北へ移住)→(北海道へ渡った)アイヌ
・(大陸渡来の)弥生人→(大和王朝により全列島に拡がった)和人→現代日本人
となります。

(続く)
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
ホlツlマlツタヱ・富l家l伝承・徐l福l伝l承・日lユl同l祖l論・アlイlヌl先l住l民族説お断り。

定義山西方寺を崇敬。秋篠宮家と伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。
透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR