fc2ブログ
2021. 10. 17  
YouTube 邪馬台国:その2 の続きとなります。

前回・前々回と同じく、盛大にネタバレしているので、続きは追記に潜りますね。
 



さて、続きです。

 晩年のカード:星の逆位置。普通に読めば「失望」です。
 人生半ばで世界が出ちゃいましたから、それは過去の栄光となったということでしょうか。
 晩年の次に来るのは死しかありませんので、その後の挽回は無かったというカードです。

 卑弥呼の立場を示すカード:力の逆位置を背景に月の逆位置。
 たまきさんは、「力が強すぎたかな」と読んでいました。ただし月の逆位置なので、その強すぎる力(影響力がありすぎた)で人々の不安や混乱を晴らしていた、と。確かにこれならば、卑弥呼の死後に男王がひとりで統治しようとしても、カリスマが全く足りない。

 周囲の環境のカード:悪魔の逆位置。
 たまきさんの読みでは、環境は良かったということです。卑弥呼自身もまた人々の環境を良くしていったし、人々にとっては悪魔払いみたいな感じ。
 確かに、正位置なら「束縛」とか「偽り」とか、いかにも悪魔っぽく悪縁に囚われているという意味になるのですが、それが逆になれば「解放」ですから。
 魏志倭人伝の言うような、下手すれば「男弟」とやらに監禁されてたんじゃないの?という厳重警備のイメージではないですね。或いは、自分にとって悪影響だった何かから解放される、という変化が有ったのかな?とも私は思います。

 可能性のカード:恋人の正位置。
 男女ペアの組み合わせですから、結婚した可能性もある。
 或いは、男女の上の方に天使が描かれている図柄ですので、皆さん子孫繁栄の為に仲良くするのですよ、と人々の輪を育むようのような存在(現人神か?)。
 たまきさんは、ふたつのパターンを想定しましたが、最終的には愛の神様のイメージを選択していました。

 というか、恋人のカード自体に「選択」という意味があったり。
 ただし、重要な選択であるが故に「迷い」も暗示しますが。
 たまきさんの読みの方向で行けば、卑弥呼は重大な局面で正しい選択をすることで人心を掴んでゆくという可能性を持っていた。

 でも、結婚…。結婚の意味も、捨てがたいなあ私は。
 男か女かわからん状態だったのが、ここで初めて男女セットで登場ですから。

 日本の神話を読む限り、昔は政略結婚で領土を広げていた(ガッツリ専制君主が君臨するのではなく、同盟に近い緩やかな結合っぽい)のが、日本史上最大の女たらし・オオクニヌシのエピソードでもわかります。
 ニニギが山の神の娘・コノハナサクヤヒメと婚姻し、その子供の山幸彦がトヨタマヒメという海の姫と婚姻したというエピソードも、陸の勢力と海の勢力を得たってことなのでしょう。

 最終結論のカード:隠者の逆
 対策のカード:太陽の正位置

 病気で引き籠もってそれきりになったとか、心を閉ざしたとか、或いは幽閉されたとか、たまきさんは闇の中にいるような寂しい人生と読みました。
 ……何かコレ、女王卑弥呼でもそれっぽいけど、幽世に去ったとされるオオクニヌシとか、オオクニヌシと紛らわしい大物主(ニギハヤヒ?=男神アマテラスのモデル?)でも当てはまっちゃう気もするなぁ…

 そして、対策のカードが太陽の正位置なので、頑張ってもう一度表舞台に出れば良かったんじゃないか、というのがたまきさんの読みででした。

 う~ん…、占いや予言で、致命的な失敗でもして、一時的に人心を失ったのでしょうか?
 でも、一時的に、なんです。対策のカードが太陽の正位置って言うことは、『~すれば良い未来が訪れる』という意味だから。
 人心が離れたとしても、それは挽回出来たはずということなのでしょう。
 結果的には、『~しなかったから』失意のままに終わってしまったのですが。

 『~すれば』の、『~』の部分って、何なのかな。
 たまきさんの言うように、もう一度頑張って、人々と向き合えば良かったのかな。

 ……或いは、生きているうちに『次の世代』に託すか、或いは子供をもうければよかったのかな?
 太陽の絵柄って、はしゃいだ感じに馬に乗っている子供だから……可能性のところで恋人のカードもあったし。(ニギハヤヒとオオクニヌシは妻帯しているけど)

 因みに、メチャメチャ時間かかるので、邪馬台国そのものについて(存在するのかしないのか、存在したとしたらどこなのか)は次の動画にするそうです。

私も、今回はこれにてお終いと致します。
あくまでもこれはエンターテイメント的な占いですので、ナンセンスだー!とか本気で怒らないで下さいね。

関連記事
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
祝福されざる眞子さまの結婚
NEW Topics
書評:古事記外伝 正史から消された神話群 藤巻一保
案外、大国主はモテない。その5
案外、大国主はモテない。その4
案外、大国主はモテない。その3
案外、大国主はモテない。その2
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
ホlツlマlツタヱ・富l家l伝承・徐l福l伝l承・日lユl同l祖l論・アlイlヌl先l住l民族説お断り。

定義山西方寺を崇敬。秋篠宮家と伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。
透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR