FC2ブログ
2020. 11. 22  
日本人の宗教観は、とても穏やかです。

神も仏も信じていないという人でも、元旦に初詣に行けば自然に手を合わせてこうべを垂れ、おみくじに一喜一憂し、お盆にはご先祖様が帰ってくるとお墓参りをして冥福を祈る、そのような民族であり、国です。

そして、わかりやすく怪しげな新興宗教は疑ってかかり遠巻きにしますが、古くから大陸に存在する歴史ある宗教に対しては、特に敵視もせず、警戒もせず、差別もしません。
それが日本人の『当たり前』です。だから、

一神教が持っている熱狂的な、まさしく狂ったカルトの性質を、多くの日本人は全く知らずにいます。

唯一絶対の神。という絶対。唯一無二の存在。
それを戴いて生きている信者達が、どのような世界観を持っているのか、日本人は理解していません。

キリスト教の場合、総本山であるバチカンが主導するならば、信者にとってそれは唯一絶対の神の意志と同一であり、必ず遂行しなければならない使命であり、従わないという選択肢は一切存在しないのです。

世界に存在する様々な宗教に対する、日本人の寛容な態度は、世界的には異例中の異例だと思って下さい。

一神教の信者たちは、カトリックに限らず、長い歴史の中で己が信ずる《唯一絶対という正義》の為に、紀元前から戦争をして殺し合いをしてきたのです。

この熱狂を、狂気を、日本人は理解出来なくても、『そういうものはこの世界にいくらでも存在する』ということ、そして『日本は侵略すべき異教徒の国として標的になっている』という現実は、知って置いて下さい。

いいですか。
彼らにとって、それは暴挙ではなく、悪意ですらないのです。《神の正義》であるという恐ろしさはそこです。

この動画ではカトリックが挙げられていましたが、露骨に胡散臭い《統一教会》や、カトリックよりも緩い印象の《プロテスタント》でも、油断ならないと警戒するべきです。

大航海時代という大侵略時代に、プロテスタントも積極的に参加し、アジア・アフリカ・アメリカ大陸の原住民を虐殺し、或いは奴隷とし、切り取り放題に植民地にしたのですから。

日本はその頃戦国時代で、優れた鉄砲を持ち、どっかで戦が起これば農民すら「ちょっくらひと稼ぎしてくる」獰猛な傭兵集団になったという軍事大国であったが為に征服し損なっただけです。

征服はされませんでしたが、それでも宣教師達は日本でキリスト教を布教しついでに信者に神社仏閣の破壊を命令し(これが一神教の他者の否定と攻撃性)、数多くの日本人が奴隷として世界中に売られました。

それに激怒した豊臣秀吉が宣教師とキリスト教の排除を決断し、徳川家康が完全に追い出した、というのが16世紀頃のことです。

そんな宗教戦争が、21世紀になってもまだ続いていたとは、恐るべき事です。
私達は、一神教が掲げる《正義》という侵略から、日本人と日本という国を、守り抜かなくてはならないのです。

それこそ、絶対に。


関連記事
NEXT Entry
眞子内親王の『お気持ち』は事実なのだろうか?
NEW Topics
閉じ込められる夢
秋篠宮皇嗣殿下のお誕生日
ずっと神仏に導かれていたお話。その5
ずっと神仏に導かれていたお話。その4
今上夫妻のアリバイ作り。その4
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
富家伝承お断り。

定義山西方寺を崇敬。秋篠宮家と伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。
透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR