FC2ブログ
2020. 08. 02  
※ 中2日空けましたので、前回の『その4』の記事は、20/07/30 になります。

『くさなぎ』の剣とはどう言う意味なのか?
調べてみましたが、

臭蛇(くさなぎ)=『臭/獰猛の意』+『なぎ/蛇の古語』

という説がありました。
のちのスサノオ様が、ひょろっちくて顔だけは良くて女に手の速い日本初のチャラ男オオナムチを見て、

葦原醜男。(あしはらしこお)

と言いましたけれども、この時に出てくる『醜』は『みにくい』ではありません。
お相撲さんの『名/しこな』と同じ使い方で『強い男』という意味であり、スサノオ様は愛娘が惚れる男は全員気に食わないニッポンのお父さん代表なのですが、「コイツは強い男だ」と予言したのです。

臭蛇の『くさ』も、臭いの臭ではなく、荒ぶる神の強さを表す『くさ』なのでしょう。

そして、『なぎ』も、『蛇』ですか。
『ハハ』とか『カカ』とか『ツチ』とか、蛇の古語はむやみにバリエーションが多いですね。

私は、『なぎ』と聞くと、パパ・イザナギを思い出してしまうので、草薙剣はイザナギからスサノオという『キ=男』に継承された剣であって、

間違っても女神アマテラスのものではないしヤマト朝廷のものでもないと思うんですよね。

(つづく)

関連記事
NEXT Entry
特に深読みしないヤマタノオロチ神話 ~第八段一書(二)メインで~:その6
NEW Topics
事代主は大国主の実子ではないかもしれない!?:その2
事代主は大国主の実子ではないかもしれない!?:その1
大湫神明神社の杉の御神木・倒木。その4
大湫神明神社の杉の御神木・倒木。その3
謎の神社【志波彦神社・鹽竈神社】(宮城県塩竈市)参拝記。その10
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR