FC2ブログ
2020. 07. 06  
私の不勉強故、それが太平洋側や瀬戸内海辺りもそうなのか否かはわかりませんが、でも確実に出雲近辺の海辺の人達には、海から浜に流れ着いたものを神聖視する信仰があります。

よく知られているのは、セグロウミヘビでしょうか。
少量の毒で人が死ぬほど物騒な蛇であるのに、邪悪な分類にはならず出雲大社では神の使いとされているほどです。

少なくとも、山陰~富山辺りまでは、北東の風(北風を含む場合もある)を『アイ(ノカゼ)』『アユ(ノカゼ)』等と呼び、豊漁をもたらす風の名前として、主に老年層の漁師たちに残されています。

『アイノカゼ』は、万葉集に詳しい人なら、御存知かもしれません。
奈良から越に赴いた大伴家持が、越国の『アイノカゼ』という言葉を、東風と勘違いして、5文字で歌に使うには語呂が良かったものですから、越のゆかしいことばとして気に入り、誤用のまま広まっちゃった言葉なんですね。

デジタル大辞典によると、

日本海沿岸で、沖から吹く夏のそよ風。あい。あゆ。あえのかぜ。《季 夏》

と、現代まで伝わって、間違った意味のまま現代まで夏の季語として伝えられているというのは、残念と言うよりほかありません。
実際には、

朝から吹く強い北東風で、その日は漁に向いていないが夜には収まり、翌日には

浜・浜近くの海=『ナダ』

には沢山の海藻や貝が打ち寄せられていて、魚も沢山集まってきていて大漁になる風として歓迎されている風の名前なのです。

この『アユ』『アイ』、その他変化した発音で呼ばれている風によって、日本海側には様々なものが打ち上げられる。

古代、身近なものにいちいち神を見出していた日本人ですが、一方で神はどこから来てどこへ帰るのか、という問いに対しては、『天』そして『遠い海の向こう=常世の国』という答えを持っていました。

だから、オオモノヌシは海を照らしながらやって来たのだし、スクナヒコナは海の向こうの常世の国に帰ったのだし、赤貝・蛤はオオナムチを蘇生させたキサカイヒメ・ウムカイヒメ(ウムギヒメ)という女神として信仰されていたのです。

出雲風土記にも、特産品として海の幸が沢山挙げられています。
ひょとしたら、《ケ(食)の神》としてのスサノオの神性は農耕神ではなく、始まりは海の幸の神だったのかもしれない、と私は思います。

古事記ではスサノオに殺された豊穣の女神・オオゲツヒメも、日本書紀で似たようなストーリーでツクヨミに殺されたウケモチも、ひり出したり吐き出したりした食べ物は、農作物に限らず、海の幸も含まれました。
ですから、食の神だから農耕神、という捉え方は軽率だったかもしれないと、自分でも反省するところです。

とすると、スサノオの御子神であるオオトシとウカノミタマは同じ母神から生まれた兄弟(or兄妹?)ですが、オオトシの《トシ》は実りを意味する言葉なので、こちらは高確率で農耕神ですが、ウカノミタマは対を成して海の幸の神であったかもしれません。

古事記にしろ日本書紀にしろ、内陸の人々の発想で編纂された書物です。
日本は、四方八方を海に囲まれた島国であるのに、その事を失念し、数多くの海の民の感性を置き去りにした解釈をしてきたのではないか、と思います。

そして、『アイ』『アユ』という風を指す言葉ですが、鳥取・島根に最も多く残っているサンプルを得られたのに、出雲地方以西には殆ど見られない言葉であることから、出雲の勢力である海の民が古代に使っていた言葉が、北上して広がった古語であると推測できます。

それほどまでに、出雲は海の民の国だった、ということです。

スサノオが、海の食の神の顔をもっているのならば、その妃神・クシナダヒメも、その食が打ち寄せられる、或いは漁師の船が持ち帰る『ナダ』という名を持つ《海の豊穣の女神》だったのではないかと思うのです。

(つづく)


関連記事
NEXT Entry
出雲の海の女王・クシナダヒメ・その3
NEW Topics
謎の神社【志波彦神社・鹽竈神社】(宮城県塩竈市)参拝記。その8
大湫神明神社の杉の御神木・倒木。その2
大湫神明神社の杉の御神木・倒木。その1
特に深読みしないヤマタノオロチ神話 ~第八段一書(二)メインで~:その6
特に深読みしないヤマタノオロチ神話 ~第八段一書(二)メインで~:その5
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR