FC2ブログ
2020. 05. 29  
違 う 。

と、しょっぱなから自分が付けたタイトルを否定したいと思います。

まず、牛頭天王(ごずてんのう)とは何か。

諸説有り。

…なのは事実なのですが、ざっくりと確定事項を述べたいと思います。

1.神仏習合の時代に登場した仏教の神(仏教でも明王以下、お酒をお供えしてOKなのは神)。道教的な要素も強いが、中国の文献にその名は無く、日本産・日本独自の神である。
2.誰が言い出したんだか、釈迦の生誕地に因む祇園精舎の守護神、というご立派な設定であるからして、善き神なのかと思いきや、とんでもない疫病の神、まさに疫病神である。
3.疫病とは、日本の歴史上、疫病として流行したと考えられているものに、痘瘡(天然痘)・麻疹(はしか)・赤痢コレラインフルエンザ(らい病)・結核梅毒コロナウイルスが挙げられる。どれも、ろくな医学もない時代にあっては、人民が大量死し、集落ごと消滅することすらあった。
4.疫病神は、疫病をもたらす恐怖の神ではあるが、蘇民将来伝説のように、疫病除けをして人間を守る事も出来る
5.荒ぶる英雄神・スサノオと習合・同一視されて、日本中で絶大な人気を誇った。その理由は、2020/05現在の新型コロナウイルスの世界規模の惨状と古代を重ねてみれば、現代人にもリアリティを持って感じられるだろう。
5.本地は薬師如来で、その仏像の多くはその手に薬壺を載せており、霊験は病気平癒である。
6.朝鮮語のゴズ(牛頭)とは、何ら関係が無い。
※ 『朝鮮語は日本古代史や古典の参考資料にはならない話。』その1~その5(20/05/18~22) 参照

こんな感じでしょうか。

なお、牛頭天王については、こちらのサイト様が詳しいです。
日本人と牛信仰については、こちらのサイト様が、牛頭天王信仰と合わせて参考になります。

そういう訳で、牛頭天王は日本で誕生した神であり、また渡来人がスサノオ様を祀りたいと申し出た話などもあるのですが、それはスサノオ様の信仰が日本に渡来したのではなくて、逆です。

スサノオ様はクシナダヒメ様という弥生文化の象徴であるような女神様を正妻に選び出雲を自らの拠点に選びましたが、縄文文化的エピソードを持つ神でもあり、おそらくかなり古い時代から信仰されていた神様です。
そして、朝鮮半島は日本の縄文人が移り住んだ縄文文化の土地であり、前方後円墳すら存在し、人の流れとしては日本→半島の方が多かったということです。

スサノオ信仰が日本から半島に渡った人々とセットで伝播していたので、その信仰を持って日本に渡来した子孫が、自分たちもこちらでお祀りしたいのでにスサノオ様の御魂をお分け下さいと申し出たのでしょう。
※ 大歳神信仰も同様だと思う

スサノオ様は、イザナギ・イザナミ神信仰の地・淡路の海人族の流れを汲んで出雲を本拠地にした一族だというのが私の主張ですので、日本書紀の言う新羅のソシモリには立ち寄っただけで日本列島に帰ってきたのです。

そして、よく聞かれるのが、
『ユーラシア大陸はインドを境に牛神信仰エリアと竜神(蛇神)信仰エリアに分かれており、牛神信仰では龍は神ではなく魔物である。』

という話です。故に、
バリバリに蛇信仰で龍信仰の日本で、牛頭天王と習合したスサノオは、渡来神であり征服者である。

という主張する人々が結構いるのです。

私は違うと言えるんですけども。

(つづく)
関連記事
NEXT Entry
牛頭天王スサノオは、出雲を征服した渡来人なのか?その2
NEW Topics
出雲の海の女王・クシナダヒメ・その2
出雲の海の女王・クシナダヒメ・その1
スサノオと出雲の数字『8』のお話。:その3
スサノオと出雲の数字『8』のお話。:その2
スサノオと出雲の数字『8』のお話。:その1
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR