FC2ブログ
2020. 04. 01  
※ 前回『その4』は、2020/03/28 の記事になります。

藤原北家(ふじわらほっけ)とは、何か。
藤原不比等の次男、藤原房前を祖とする、藤原四家の中でも最も栄えた家系です。

その系譜の中に、藤原時平(ふじわらのときひら)がいる。

菅原道真公を、讒言によって失脚させ太宰府配流へと追いやった主犯と言われる、
『あの』時平公です。

……ということにされているので、時平公ってめっちゃ腹黒い悪者のイメージですよね。

確かに、藤原氏にとって菅原道真公は邪魔な存在で、藤原氏以外の氏族の排斥活動の一環であったのでしょう。
でも、単に時平の陰謀によるものではなく、道真に反感を持っていた多くの貴族層、時平を含む藤原氏、源氏公卿、学者らの同意があった計画であったようです。

時平公は、才覚にも容姿にも優れ、好色でトラブルも起こしましたが、道真公配流後は意欲的に政治改革に着手した、非常に優秀な政治家でした。
それ故、時平公が辣腕を振るった醍醐天皇の治世は、延喜の治と呼ばれ、後世の理想とされた時代であったのです。

というと、老獪なイメージを私は勝手に持っていたのですが、時平公は39歳の若さで病死。
勿論、悪者のレッテルを貼られる程度に、日本三大怨霊・菅原道真公の祟りと伝えられております。

時平公の死後、その権力は弟の嫡流へ移り、時平公の系譜は中級・下級貴族へと没落の道を辿るのです。
藤原氏に限らず、没落した貴族が武士になるのは珍しくないので、『もし本当に伊達氏が藤原北家の末裔であったなら』、そのパターンなのかも知れません。

とは言っても、藤原北家の栄華自体が終わった訳ではありません。
近衛家と名を変えて五摂家に名を連ね、今でも政治家を輩出しているくらいですから。(苗字違うけど。母系繋がり???)

そうであっても。
藤原時平公に祟り、その怨霊を鎮めるために、天津神でもないのに天神とまで呼ばれるようになった管公を、仙台城の鬼門に置くなんて

鬼門の守りどころか鬼門に金棒を持った鬼を置くようなもので、非常にヤバイ感じが満々です。

こりゃあ、是非とも取り替えたいと思うはずだよ……

(つづく)
関連記事
NEXT Entry
伊達政宗公は、なぜ鬼門封じを天満宮から東照宮に替えたのか?:その6
NEW Topics
牛頭天王スサノオは、出雲を征服した渡来人なのか?その1
スセリヒメ様とスサノオ様の名の意味を解いてみる。その5
スセリヒメ様とスサノオ様の名の意味を解いてみる。その4
スセリヒメ様とスサノオ様の名の意味を解いてみる。その3
スセリヒメ様とスサノオ様の名の意味を解いてみる。その2
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR