FC2ブログ
2020. 03. 23  
国分氏の先代城の鬼門封じは天神社であったのですが、何故か伊達家は2代忠宗公~3代綱宗公の時代に、その場所に東照宮を建立し、天神社は当時の別の軍事的要所で、実は仙台城建築の候補でもあった高台(今は周りに高い建物が多くてあんまり高台感がしないのですが)遷座してしまったのです。

つまり、仙台城の鬼門封じを、天神社(天満宮)から東照宮へと、変更したということです。…何故に?

そして、遷座された榴岡天満宮ですが、太宰府からも京都からも離れておりますけれども、ある意味ガチな神社です。

何しろ、日本各地にある天満宮・天神社の中で、唯一、落雷しているのです。2回も。

これ、いにしえの天皇家なら、管公の祟りじゃあ~~~~!!!と、恐れまくりもうひとつ新たに天満宮を建立しそう(管公が無実の罪で配流先で亡くなった後、藤原菅根が落雷で死亡。2度目は平安京内裏の清涼殿に落雷、燃え広がって7名の死者)ですが、

仙台人は祟りを思い付くほど後ろ暗い所などありません。

神社を崇敬していた人々は、落雷で社殿や貴重な資料や宝物が焼けて失われてしまったことを悲しみつつも、

おらが町の天神社に、二度も雷公が降臨なさった!!
※ 菅原道真公は、上記の平安時代の落雷事件により、死して天神(雷の神)になったと伝えられています

という、素晴らしいポジティブシンキングで、天神社を再建したのでした。

これほどパワフルな天神社を(昭和30年代までそう呼ばれていたらしく、天満宮の名は新しい)、

どうして鬼門封じから外して遷座し、東照宮に変えちゃったんですか?政宗様!

(『その3』につづく)
関連記事
NEXT Entry
スサノオがイザナギの日真名子かもしれない話:その14
NEW Topics
出雲の海の女王・クシナダヒメ・その2
出雲の海の女王・クシナダヒメ・その1
スサノオと出雲の数字『8』のお話。:その3
スサノオと出雲の数字『8』のお話。:その2
スサノオと出雲の数字『8』のお話。:その1
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR