FC2ブログ
2020. 02. 14  
古代の鳥海山は、活火山でした。
大和朝廷にとっては、蝦夷が住む異界である山の脅威は、祟りと恐れるものだったのでしょう。

そして、祭神の大物忌大神(おおものいみのおおかみ)の正体も不明。
これ、『伊豆国三島社二千束』と同じパターンだよ!

ひょっとすると、伊豆の方も、まつろわぬ民の征伐と関係があるのかもしれません。
だって、伊豆は出雲と縁が深いから…

そして、鳥海山のHPが言う社伝とやらの、『農耕神としての信仰』は、近世からというかなり歴史の浅いものであるようです。
鳥海山大物忌神社のゴチャゴチャについては、不思議に思ったのか調べた人がいるみたいで、

大物忌大神は、倉稲魂命、豊受姫神と同神。とかいうパターンもあるらしく、
無理矢理感がすごいです。

なんかもう、私も遠い目になってきたんですけど、ラストという事で…
『淡路国大和大国魂社八百束』

現在の、『大和大国魂神社』であるようです。

創建由緒は不明。……って、鹽竈神社も含めて全部不明なんですね。(遠い目)
何故、淡路国に大和を冠する式内名神大社が鎮座するのか、ということに対して、いくつかの説が出されているも決め手無し。
※ wikiに一説がありますが、一説である、という辺りに留まるようです

>古代の社殿は西向きで瀬戸内海に面していましたが、海上を通る船人が礼拝をせず祟りをなしたことから南向きに変更されたと伝えられます。(淡路島日本遺産HPより引用)

祟ってるじゃん……

私は、淡路の歴史については、淡路廃帝と呼ばれたお気の毒な天皇がいらした(明治天皇により名誉回復)程度に、讃岐、太宰府、伊豆などと並んで配流先というイメージしかない(地元の方、超すみません)んですが、大和朝廷とは、古代はよろしくない仲であったのでしょうか。

とりあえず、日本書紀では、めっちゃ悪し様に言われてますね。(以下現代語訳)

>子が生まれるとき、まず淡路洲(あわじのしま)が生まれたが、不満足な出来であった。
>そこで名付けて淡路洲(吾恥=アハジ)と言う。

そして、御祭神ですが、

主祭神:大和大国魂大神  ヤマトオオクニタマノオオカミ
配祀神:素盞鳴命 御年命 八千矛命 大己貴命 土御祖神                 
【スサノオノミコト ミトシノミコト ヤチボコノミコト オオナムチノミコト ツチミオヤノカミ】

ツチミオヤノカミは、どうやらこちらの神社にしか見られない神様のようですね。
正体不明ですが、こちらの土地神を曖昧~な感じにぼやかした名前でお祀りしたのでしょうか。

それ以外は、見事に朝廷に祟りそうなラインナップ。
絶対何か起こりそうなのに、何でわざわざ建てたんだよ……

それに、崇神天皇が、神威が強すぎる(要するに祟る)と言って、天照大神ともども宮中から追い出したのって、

倭大国魂神なんですけど、こちらの主祭神大和大国魂大神と同じですよね?


(つづく)
関連記事
NEXT Entry
謎の神社【志波彦神社・鹽竈神社】(宮城県塩竈市)その10:朝廷VS祟り神 Part4
NEW Topics
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その8
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その7
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その6
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その5
実は大物? 大年神の妻・天知迦流美豆比売:その4
Comment
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR