FC2ブログ
2020. 07. 06  
私の不勉強故、それが太平洋側や瀬戸内海辺りもそうなのか否かはわかりませんが、でも確実に出雲近辺の海辺の人達には、海から浜に流れ着いたものを神聖視する信仰があります。

よく知られているのは、セグロウミヘビでしょうか。
少量の毒で人が死ぬほど物騒な蛇であるのに、邪悪な分類にはならず出雲大社では神の使いとされているほどです。

少なくとも、山陰~富山辺りまでは、北東の風(北風を含む場合もある)を『アイ(ノカゼ)』『アユ(ノカゼ)』等と呼び、豊漁をもたらす風の名前として、主に老年層の漁師たちに残されています。

『アイノカゼ』は、万葉集に詳しい人なら、御存知かもしれません。
奈良から越に赴いた大伴家持が、越国の『アイノカゼ』という言葉を、東風と勘違いして、5文字で歌に使うには語呂が良かったものですから、越のゆかしいことばとして気に入り、誤用のまま広まっちゃった言葉なんですね。

デジタル大辞典によると、

日本海沿岸で、沖から吹く夏のそよ風。あい。あゆ。あえのかぜ。《季 夏》

と、現代まで伝わって、間違った意味のまま現代まで夏の季語として伝えられているというのは、残念と言うよりほかありません。
実際には、

朝から吹く強い北東風で、その日は漁に向いていないが夜には収まり、翌日には

浜・浜近くの海=『ナダ』

には沢山の海藻や貝が打ち寄せられていて、魚も沢山集まってきていて大漁になる風として歓迎されている風の名前なのです。

この『アユ』『アイ』、その他変化した発音で呼ばれている風によって、日本海側には様々なものが打ち上げられる。

古代、身近なものにいちいち神を見出していた日本人ですが、一方で神はどこから来てどこへ帰るのか、という問いに対しては、『天』そして『遠い海の向こう=常世の国』という答えを持っていました。

だから、オオモノヌシは海を照らしながらやって来たのだし、スクナヒコナは海の向こうの常世の国に帰ったのだし、赤貝・蛤はオオナムチを蘇生させたキサカイヒメ・ウムカイヒメ(ウムギヒメ)という女神として信仰されていたのです。

出雲風土記にも、特産品として海の幸が沢山挙げられています。
ひょとしたら、《ケ(食)の神》としてのスサノオの神性は農耕神ではなく、始まりは海の幸の神だったのかもしれない、と私は思います。

古事記ではスサノオに殺された豊穣の女神・オオゲツヒメも、日本書紀で似たようなストーリーでツクヨミに殺されたウケモチも、ひり出したり吐き出したりした食べ物は、農作物に限らず、海の幸も含まれました。
ですから、食の神だから農耕神、という捉え方は軽率だったかもしれないと、自分でも反省するところです。

とすると、スサノオの御子神であるオオトシとウカノミタマは同じ母神から生まれた兄弟(or兄妹?)ですが、オオトシの《トシ》は実りを意味する言葉なので、こちらは高確率で農耕神ですが、ウカノミタマは対を成して海の幸の神であったかもしれません。

古事記にしろ日本書紀にしろ、内陸の人々の発想で編纂された書物です。
日本は、四方八方を海に囲まれた島国であるのに、その事を失念し、数多くの海の民の感性を置き去りにした解釈をしてきたのではないか、と思います。

そして、『アイ』『アユ』という風を指す言葉ですが、鳥取・島根に最も多く残っているサンプルを得られたのに、出雲地方以西には殆ど見られない言葉であることから、出雲の勢力である海の民が古代に使っていた言葉が、北上して広がった古語であると推測できます。

それほどまでに、出雲は海の民の国だった、ということです。

スサノオが、海の食の神の顔をもっているのならば、その妃神・クシナダヒメも、その食が打ち寄せられる、或いは漁師の船が持ち帰る『ナダ』という名を持つ《海の豊穣の女神》だったのではないかと思うのです。

(つづく)
2020. 07. 05  
今回の記事は、カテゴリ分けにとても悩みました。
無難に?神話のレベルで【神様】カテゴリにするか。古代史の記事として【歴史】にするか。

迷った末に、【歴史】カテゴリにして、遙かな昔、出雲には、《クシナダヒメ》のモデルになった女王がいた、というお話をすることにしました。

だって、私は《古代神話は日本の古代史を反映している派》ですから。

スサノオ様も、スセリヒメ様も、実在したんですから!!

ただし、複数人
と、私は思っています。
例えば、ヤマタノオロチで考えると解りやすいです。条件を並べますが、

毎年越からやって来る
八頭八尾のばかでっかい蛇っぽいやつで
目はホオズキのように赤く腹もただれて赤く
毎年ひとりずつ娘を食らう


これ、全部クリアしなきゃならないと思うから、諸説分かれる上に纏まった結論にならないんだと思います。

私は、全部を一度に全部をクリアする必要は無い、と思っています。

つまり、答えは複数ある。

私の考えるヤマトノオロチの原形は、斐伊川です。
高台から見る斐伊川は、何股にも分かれて流れ、ヤマトノオロチとは斐伊川の化身以外の何ものでもない、と現地に暮らす人に言われると重みが違います。

昔から斐伊川は、生活用水、灌漑用水、水運等々、様々に活用されていて、出雲風土記には斐伊川の恵みばかり書かれていますが、実はかなりの暴れ川でした。
何度濁流に飲まれても、何度生活の場が流されても、出雲の人々は斐伊川と共に生き続けた。

大いなる恵みの川の神の裏の顔、それがヤマタノオロチの原形なのだと思います。

そう。原形です。

ヤマタノオロチの正体については、越の豪族が攻めてきた説、毎年実りの季節に越から盗賊団がやって来る説、タタラ製鉄によって川に流出する赤い土砂説。
色々あるんですが、

どれも正解かもしれないですよ?

斐伊川が暴れ川なのは、土砂災害で杉林が崩れたと老年層が語る程度に今でもある程度その性質はあるようですが、平野が広く稲作が進んでいた越の方が灌漑技術が進んでいて仕事に来ていた説が在る一方で、出雲が越の人々の植民地だった説もありますので、何らかのいざこざはあったことでしょう。

でも、越から何かが攻めてきた、というのと、タタラ製鉄による赤い川、というのは、それぞれ時間軸が違うと思うのです。
古墳時代には確実にタタラ製鉄が始まっていて、タタラ製鉄が出雲で盛んになる時には、力関係は 出雲>越だったでしょうから。

多分、神話は長く語り継がれるうちに、どんどん新しい要素が上書きされるのだと思います。
出雲国風土記にて、オオクニヌシが越の八口を平定してきた、とサラッと書かれている程度に、越には平定する理由のある何かがあった(少なくともオオクニヌシにとっては)のでしょうし。

※ タタラ製鉄は、遺跡として残りにくい(そこで製鉄が終わるとぶっ壊して移動するらしい)のですが、弥生時代の『鉄製品の加工場』跡は見つかっているので、実はタタラ製鉄ももっと昔まで遡れるかもしれません。発掘が待たれます。

時代と共に、新しい要素が加わって、複雑な神話になってゆく。
ヤマタノオロチ神話にもそういう性質があって、スサノオと呼ばれる英雄も海神・太陽神・農耕神・食の神、と多彩な顔を持ち、スセリヒメも何代にも渡って十種神宝の比礼を受け継いだ巫女姫の像が重なっている。
そのように、私は思っています。

だから。

スサノオ様のお妃、クシナダヒメ様もそうであろうと思い立ったのです。

私は何となく、言い易いので櫛名田比売(クシナダヒメ)様と呼ばせて頂いておりますが、奇稲田姫(クシナダヒメ)という表記と発音もあるのは、当然に知っています。

古代は二重に続く母音は省略される傾向にあり、だから

kushiinada → kushnada

と変化したものであり、名田/ナダ は、稲田/イナダ の略であろうという説に、納得していました。
クシナダヒメ様が、稲田の姫神であり、アシナヅチ・テナヅチ夫妻神は昔の有力豪族を象徴しており、8人姉妹の末娘のクシナダヒメが、末子相続の後継者であり、斐伊川の神に仕え稲田の豊饒を祈る巫女でもあり、その神格化と重なったのだろうと、疑った事もありませんでした。

……《アユノカゼの文化史》という本で、漁労を営む出雲の老年層の人々が、港・浜・浜に近い海を『ナダ』と呼ぶ事を知るまでは。

(つづく)
2020. 07. 04  
日本書紀は、スサノオ様とクシナダヒメ様の間には、オオナムチが生まれたとしているので、普通にそのまま王になれます。
が。古事記にて、オオナムチと結婚することで、オオナムチを王にしたという出雲の末子、

キーパーソーン・スセリヒメは、存在そのものを葬り去られている。

そして、古事記の方もかなりの割合を出雲神話に割いているのに、スサノオ様の神裔に、継承者たる末子にしてオオナムチの嫡后スセリヒメの名が出て来ないという奇妙さ。

スセリヒメは、十種神宝のうちの2つ、蛇比礼(おろちのひれ)と蜂の比礼(はちのひれ)を持っていて、それを使ってオオナムチの命を救ったというのに?

そして、傍系の遠縁とは言え、出雲の正当な後継者・スセリヒメの婿=跡継ぎに決まったら、オオクニヌシ・別名千矛(ヤチホコ)に突然バージョンアップするんだけど、本当に『八』に相応しいのはスセリヒメなんじゃないか?
スサノオ様の正妻・クシナダヒメも、人姉妹の末娘という、『八』が語られ、末娘という継承者の条件を満たしているのだから。

スサノオ様の愛娘にして、出雲の正当な継承者・スセリヒメにも、『八』が付いてるんじゃないか?
そして、実際にそうなんじゃないか?

そこで、私が思い出したのは、

2020/01/26 から連載した、『事代主と建御名方の母神は誰?』シリーズ・その1~その6 の記事です。

古事記が語るオオクニヌシの神裔によると、コトシロヌシの母神は、

神屋楯比売神(かむやたてひめのかみ)という、かなり凄い名前です。

どこが凄いかというと、敬称を取っ払って書き記してみると解ります。

屋楯比売。これだけです。
もう少しリスペクトすると、屋楯比売(やたてひめのみこと)、です。

古事記は、結構尊称が大雑把で当てにならないことも多いのですが、系図にわざわざ

屋楯比売、文字通り神威の著しいことを示す敬称を、2つも付けたのには、意味があるはずです。

オオクニヌシの神裔で、最も高貴なる妃神の名前、それが神屋楯比売神であるのならば、それはスセリヒメであると判断するのが妥当です。

そうすると、スセリヒメもまた、『八の姫神』であることが、判明するのです。
上記の『事代主と建御名方の母神は誰?』シリーズを書いていた時には、気が付きませんでした。
こんな形で、スセリヒメの『八』が隠されていただなんて。

神屋楯比売神、は重垣に守られたクシナダヒメのように、堅固な城に守られている姫神に相応しい名前だけれども、きっともうひとつの意味が隠されている。

だって、ヤタテヒメ、はこうも書けるから。

楯比売神。

スサノオ様の愛娘にして、十種神宝を受け継いだほどの、日本書紀が抹消したほどの、出雲の女王に匹敵する女神の名になんと相応しいことでしょう。

弥生中期の田和山遺跡(島根県)は、大社造風建物の周りに堅固な防御構造が見られ、武器が集められていて、土塁や壕をめぐらしてある。
という、 ほぼ状態。

スサノオ様がクシナダヒメの為に設けた八重垣とは、このような城だったのではないか。そして、

同じ『八』を冠して、オオナムチが矛なら、スセリヒメ様は楯という、見事な一対。

矛盾、などという言葉があるとおりに、矛と楯には繋がりがあります。
矛は片手で使う武器であり、もうひとつの手には楯を持って戦うのですから。

日本書紀がスセリヒメの存在を打ち消そうと、出雲大社がどれほどタギリヒメをヨイショして特別扱いで祀ろうと、オオクニヌシの嫡后はスセリヒメであり、この二柱の夫婦神の絆は、決して切れはしないのです。

スセリヒメ様、どうか、貴女の御魂が、いつまでも愛する夫神と共に、幸せにありますように。
2020. 07. 03  
再び場面はヤマタノオロチ退治。
スサノオ様はクシナダヒメを神聖な爪形の櫛に変えて(突然魔法使いになるスサノオ様)みづらに差して、アシナヅチ・テナヅチに言うには、

『あなた方は塩折の酒(やしほをりのさけ)を造り、また垣を作り廻らし、その垣につの門を作り、門ごとにつの佐受岐(さずき)を作り、その佐受岐ごとに酒桶を置き、その酒桶ごとにその塩折の酒を満たして待ちなさい』

八だらけです。

そしてやってきたヤマタノオロチ。
その目は赤かがち(ホオズキ)のようで、身一つにつの頭・つの尾があります。また、その身には蘿(こけ)や檜や杉が生え、その長さはつの谷・つの峰にわたります。その腹を見れば、ことごとく常に血がにじんで爛れています。

……いつも血が滲んでただれてるのか……何でだろう?痛そうだなぁ、可哀想だなぁ…と思っちゃったの私だけですか。
だって、こんなかんじだよ?ちょっとかわいくない?※ 日本神話・神社まとめサイト様の用語・神名など>『ヤマタノオロチ』の挿絵

でも、退治しないと日本初の大和撫子クシナダヒメはスサノオ様の日本で一番可憐な花嫁さんになれません。
せめてお酒をいっぱい飲んで頂いて、気持ち良く眠って麻酔状態みたいな感じになって頂いて、痛みも苦しみもないまま、慈悲深いスサノオ様はヤマタノオロチの解体作業を始めました。

そうしたら、スサノオ様の愛剣が欠けるほどの、硬い見事な太刀が!
天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)です。

古事記でも日本書紀本文でも《くさなぎのつるぎ》なのに、日本書紀の異伝に出てくる《天叢雲剣》の名が、何故か現在の三種の神器でも正式名称になっている謎。

ひょっとして、草薙剣(くさなぎのつるぎ)と天叢雲剣って、別物だったりするんですか?

※ いくら相手がヤマトタケル様でも、のちの世で三種の神器になるほどの御神体を貸し出すとは異な事かと存じますが如何

その後、スサノオ様は、すがすがしい須賀の宮で、ハニーと安住の地を得た喜びに、すがすがしく日本初の和歌を詠うのです。
暴れん坊主のようで、案外雅なスサノオ様、お素敵にございます。

雲立つ 出雲重垣 妻ごみに
 重垣作る その重垣を』


〆まで八だらけの歌とは流石です。

古事記でのスサノオ様の物語は、ここで幕を閉じます。
まるでエンドロールのように記される、スサノオ様の神裔

そこで、そのクシナダヒメと夫婦の交わりをして生んだ神の名は、島士奴美(ヤシマジヌミ)神と言う。
 また、オホヤマツミ神の娘、名は神大市比売(カムオホイチヒメ)を妻として生んだ子は、大年(オホトシ)神、次に宇迦の御魂(ウカノミタマ)。二柱。

 この兄のヤシマジヌミ神が、オホヤマツミ神の娘、名は木の花知流比売(コノハナチルヒメ)を妻として生んだ子は、布波能母遅久奴須奴(フハノモヂクヌスヌ)神。
 この神が、オカミ神の娘、名は日河比売(ヒカワヒメ)を妻として生ん(ここからめっちゃ長いので省略)…生んだ子は、大国主(オホクニヌシ)神である。またの名は大穴牟遅(オホナムヂ)神と言い、またの名は葦原色許男(アシハラシコヲ)神と言い、またの名は千矛(ヤチホコ)神と言い、またの名は宇都志国玉(うつしくにたま)の神と言い、合わせて五つの名があります。

~完~

……いや、ちょっと待て。

スサノオ様の神裔に、最も重要な姫・スセリヒメの名が無いのは、何故だ?

(つづく)
2020. 07. 02  
日本の神話には、しばしば『八』という数字が登場します。
出雲やスサノオに絡む場面になると、一層『八』だらけになるので、スサノオを表す数字は『八』と言われるのだと思います。

そして、『二』と『八』は、日本の聖数です。
極まった数(それ以上は『たくさん』)、であるからです。

私が語るよりも、こちらのページが詳しいので興味のある方はどうぞ。

スサノオがらみの『八』は、

まずは父イザナギから勘当されて(?)、暇乞いにアマテラスを訪れた所、コイツ高天原を乗っ取るつもりだな!と疑われたと言うよりはほぼ決めつけられてしまったので、『誓約/うけい』という謎の占いみたいなことをして生まれてきたのが、

女神3柱+男神5柱=8

その後色々やらかして、高天原を追放されてから降った出雲では、
幼い女の子(日本書紀は『少女』古事記は『童女』)を真ん中にして老夫婦が泣いていたのでした。

聞いてみれば、老夫婦には人の娘がいたのだけれども、毎年越の国から俣遠呂智(古事記表記/やまたのおろち。実は蛇かどうかよくわからない謎の怪物)が来て食ってしまう。この末娘が最後だとのこと。

スサノオ様がヤマタノオロチの形を問えば、(やまたのおろち?なんじゃそりゃ、とスサノオ様も思ったんでしょう)。
「その目は赤かがち(ホオズキ)のようで、身一つにつの頭・つの尾があります。また、その身には蘿(こけ)や檜や杉が生え、その長さはつの谷・つの峰にわたります。その腹を見れば、ことごとく常に血がにじんで爛れています」

ヤマタノオロチも『八』が大好きな模様です。

『俺の嫁にくれ』

と、突然にそのいたいけな童女を所望するスサノオ様。
常識的に、貴方様のお名前も存じませんで……と、どん引く老夫婦に、

『俺は天照の弟だ。』(どーん)
『畏れ多い!是非差し上げます!!』


姉を引きこもりにして盛大におしおきを食らったばかりなのに、堂々と名乗るスサノオ様。
そして、天孫降臨前なのに、何故かアマテラスと聞いてひれ伏さんばかりのアシナヅチ&テナヅチの謎。

それは脇に置いて、その後スサノオ様が、クシナダヒメだけではなく、両親のアシナヅチ・テナヅチも面倒を見てくれて、役職をくれた上にクシナダヒメとも一緒に暮らせるようにしてくれたことを考えると、

私は、スサノオ様の慈愛だったと信じます!
勿論、クシナダヒメが成長するまでお手々を出すのは待ったはずです!!


(つづく)
プロフィール

chikaru414

Author:chikaru414
日本の神話と神社仏閣、それにまつわる歴史が好きです。
スサノオ様、スセリヒメ様はじめ出雲の神様と水神様推し。
定義山西方寺を崇敬。伊達政宗公を尊敬する伊達家家臣末裔です。透明水彩絵師。

↓応援ぽちっとよろしくお願いします!

FC2 ブログランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

リンク
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR